不動産売却リースバック

老後資金の調達と相続対策に選ばれています。

 

「ハウスリースバック」とは、お客が所有している不動産を「ハウスドゥ」が買い取ってから、売却後にはリース契約をしてそのまま今までと同じように住めるシステムのことで、将来的には住んだままで不動産を再び購入することも可能です。

 

 

(再度購入するには別に条件があって諸費用もかかります)

 

 

不動産は、いざという時に売って資金に変えることが可能ですが、所有されている不動産が自宅だと売ってしまうと退去しないといけません。

 

 

ハウス・リースバックだとお客が持っている家を買い取ってくれ、売ってからもリース契約をすれば同じように住むことが出来るのが魅力で、必要次第で購入することも出来ます。

 

 

元々お客の声から生まれたサービスで、メリットは買取代金は一括して支払ってくれるので、一時資金として使えます。

 

 

競売や仲介のように物件売却情報も公開されずすぐに所有権移転の手続も可能、近所に知られずにこれまでと同様に住み続けられます。

 

 

将来的には物件を再度購入することも可能で期間の定めもなく、お客のタイミングで購入出来ます。

 

 

不動産の所有者だと固定資産税などの税金が発生しますが、ハウス・リースバックを利用すると使う方になるので固定資産税がかかりません。

 

 

また、買い替えを検討している場合、新居に入居するまでの間だけ、一時的な仮住まい先を用意する必要がなくそのまま新居に引っ越しするまでの間だけ住み続けられます。

 

 

自宅を売ってから新居を探すと、入居費用や保証人・引っ越し費用などがかかりますが、ハウス・リースバックならそのまま住み続けられるので引っ越し費用や保証人がいりません。

 

 

金利商品とは違って厳格な審査基準や条件もなく、幅広いお客をサポート可能です。