家賃 リース

売却後も住宅に住みたい方や将来的に買い戻したい方向けのハウス・リースバック

 

通常、持ち家を売却する場合はその住宅から引っ越して、新たな住宅を探さなくてはなりません。

 

 

ですから、なかなか売却に踏み切れない方が多いでしょう。

 

 

しかし、ハウス・リースバックというサービスを利用した場合、持ち家を売却した後も引き続きその住宅に住み続けることができるため、気軽に売却を行うことができます。

 

 

なぜ、住宅を売った後でも住み続けられるのかというと、住宅を買い取ってもらった後でリース契約を結ぶことができるからです。

 

 

住宅の売却をした時点であなたは住宅を売却した代金を受け取って、住宅の所有権を手放すことになります。

 

 

その後、住宅の新しい所有者となった買い主に対してあなたがリース料金として毎月家賃を支払っていくことで、その住宅の利用権はあなたが持ったままにすることができるのです。

 

 

住宅をただ単に売却した場合は、あなたが別の住宅で暮らしている間に買い手が付いてしまって将来買い戻すことができなくなってしまう可能性も多々あります。

 

 

しかし、ハウス・リースバックを利用してその住宅に住み続けていれば、買い手が付いてしまう心配は無いので、一時的に資金確保のために売却するけれど、思い出の詰まった大切なマイホームだから将来的には買い戻したいと考えている場合も安心なのです。

 

>>ハウス・リースバック公式サイトはコチラから<<